カンジタ市販薬であるクロトリマゾールは皮膚の真菌症治療剤ということです。白癬、カンジダ症、水虫、たむしなどの皮膚真菌症の治療によく使われています。病原性のかびの細胞膜に障害をおよぼし、その増殖を抑えます。べたつきのすくないジェルタイプの塗り薬なので、こまめに塗りやすく、使用しやすいのが特徴です。市販薬ではなかなか完治できなかった、という人も、このクロトリマゾールジェルを服用したら完治できたという報告が多くあります。ジェネリック医薬品ですので、安価でありながらも効果が期待できるのが特徴です。
クロトリマゾールジェルは有効成分をクロトリマゾールとして、皮膚真菌症治療市販薬です。感染症の原因となるカビの増殖を抑制し、殺菌する効果があります。女性に多い性感染症の一種であるカンジダ症の他にも、水虫やたむしといった皮膚真菌にも、クロトリマゾールジェルは効果を発揮します。男女問わず使用することが可能です。婦人科でもらった薬が効かなかったので、自分で購入してみたところ、これが私には効果的でした。塗るタイプの薬で使いやすいですし、ネットだと手軽に注文できて便利です。
クロトリマゾールジェルの効果:
カンジタ市販薬であるクロトリマゾールジェルとは、名前の通りクロトリマゾールのジェルタイプのものですが、主に、白癖やカンジダなどに効果がある治療薬です。カビの増殖を抑える効果があり、皮膚の真菌症などの治療に用いられる薬です。表在性真菌症は、真菌(カビ)が原因となり引き起こされるため、疾患部位にはカビが発生していることになり、クロトリマゾールの殺菌効果によって原因菌を死滅させることができます。
クロトリマゾールジェルはイミダゾール系に分類されている抗真菌薬で、カンジタ・白癬・水虫・いんきんたむし等に利用される治療薬です。主成分によって感染症の原因となるカビの増殖を抑制し、殺菌する効果があります。その他にも白癬・水虫・たむしなどの皮膚真菌症の治療にも効果的です。そして、女性カンジタ症のため、出てくる織物や異臭、かゆみ等の症状にも効果があります。また、女性の性病の治療だけでなく、男性向けの治療薬として用いることもできるため、男女兼用の薬だといえます。
クロトリマゾールジェルの使用方法:
カンジタ市販薬であるクロトリマゾールジェルは幹部に塗布するだけの塗り薬です。清潔にした患部の箇所に、1日2〜3回ジェルを塗布して下さい!いずれの症状の場合にも、クロトリマゾールジェルは、患部周辺まで、広めに塗布すると、さらに効果的です。クロトリマゾールジェルを塗布する際には、かならず手を清潔に洗ってから使用してください。症状がなくなっても、1週間程度は継続して使用することを推奨しています。
頻度は1日に2・3回程度がよいでしょう。塗り方のコツとしては患部だけに集中して塗るのではなく、周辺部分にもよく塗りつけることが大切で、それによって効果を発揮します。当然、年齢や症状によってその効果には違いがあるため、同封されている注意書きをよく確認する必要があります。効果・副作用・服用及び使用方法は、販売国の商品説明書や一般的な薬剤情報を和訳しています。ご使用する前には、必ず医師など専門家にご相談して下さい。