小圭コンジローム
小圭コンジローム小圭コンジロームはウイルス性の性病です(『尖圭コンジローマ』と言われる場合もあります)。簡単にいうと、性器にイボイボができる病気です。セックスが盛んな10代後半~40代に感染者が多く、男女共に感染します。本文は 小圭コンジロームの感染経路、症状とウイルス性の性病の治し方について紹介します。

小圭コンジロームの原因はヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスでその多くが性交渉を通じて感染します。

小圭コンジロームの症状と対策ヒトパピローマウイルスに感染しても、ほとんどの人(九十パセント以上)には症状が出ないので、20代女性の四十パセント、セックス経験のある女性の七十パセントは、1度は感染したことがあるといわれています。ヒトパピローマウイルスには良性と悪性があります。良性は小圭コンジロームの原因になり、悪性は子宮頸がんの原因になります。

小圭コンジロームの感染経路。

小圭コンジロームにはセックスによって感染します。セックス時にできる皮膚や粘膜の小さい傷からウイルスが侵入するためです。セックスの種類は関係なく、あらゆるセックス(オーラル、アナル…)で感染します。セックス以外(『公衆浴場』『温泉』『プール』『サウナ』など)での感染もごくごく稀にありますが、99%がセックスからの感染です。

小圭コンジロームの治し方

近年、小圭コンジロームの感染率が増加しています。原因として考えられるのがコンドームの使用率の低下です。コンドームを使ったとしても感染を完全に防げるわけではありませんが、現時点では小圭コンジロームを防ぐ最も効果的な防止具です。

セックス時には必ず使用するようにしましょう。
・セックス時の小さな傷からウイルスが浸入。
・近年、感染者が爆発的に増加中。

小圭コンジロームの症状。
小圭コンジロームに感染すると、性器に謎のイボイボができます。

色は白・ピンク・茶・黒色で、大きさは1mm~数cmと様々です。かゆみも痛みもありません。イボは日が経つにつれ増殖・成長し、鶏のトサカやカリフラワーのようになってきます。なかには感染しても症状がまったく出ない場合もあります。症状が出ていないからといって、ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染していないわけでも、完治したわけでもありません。

 

オススメ:アルダラクリーム|コンジローマ治療薬通販|JPDrug